読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの筋トレ

こころにも筋トレ。日々の生活の傍らで感じたことを形に

読書レビュー:四畳半神話大系(角川文庫)/森見登美彦

 ブログ作って早速放置だったので再開します。少しずつでも更新していければいいな

 

四畳半神話大系 (角川文庫)

四畳半神話大系 (角川文庫)

 

 

ご存知森見登美彦の出世作とも言える有名小説。
息抜きに気軽な小説が読みたかったので手にとってみました。

4畳半のボロ下宿に住む主人公を中心に、幻の秘宝「薔薇色のキャンパスライフ」を求めて

相変わらずの森見氏の卓越した言葉選びには敬服。
そして活き活きと描かれる各登場人物の所作がおもしろく、構成も面白い。
娯楽として十分価値のあるエンターテインメント小説に仕上がっている。

わたしも学生時代を過ごした京都の情景を思い出しつつ、懐かしくも暖かい気持ちになりました。


しかし全体的に対象年齢が大学生前後といった印象なので、やはり読むなら学生のうちに読むべきであった。