読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こころの筋トレ

こころにも筋トレ。日々の生活の傍らで感じたことを形に

でんぱ組.incの新曲が相当気合入っているのでグループの可能性を再確認した話

でんぱ組.inc

でんぱ組.incの新曲「STAR☆ットしちゃうぜ春だしね」のPVが昨日公開されました。

 

www.youtube.com

 

配信限定シングル3部作の最終作で、今月頭にiTunesで配信されていましたが、約1ヶ月空けてのPV公開です。

しかもPVを最後まで見てもらうとわかりますが、配信限定シングルの2作目「ファンファーレは僕らのために」のスタッフロール風PVがセットで用意されています。

どちらも相変わらずのタイトルのダサさは置いときましょう。

 

浅野尚志さんの「ファンファーレ〜」のクオリティもすばらしいのですが、今回はひとまず新曲に絞って解説。

 

このSTAR☆ットしちゃうぜ春だしね」は以前の記事でも紹介した玉屋2060%さん作曲+アニソン&アイドル界で圧倒的なシェアを誇る畑亜貴さん作詞という、でんぱ組.inc的最強タッグでクリエイトされた自信作。

PVは映画撮影風の作りとなっており、各メンバーの衣装は、これまで彼女らをプロデュースしてきた6人のイラストレータたちのイラストをベースに作られています。

 

玉屋さんの楽曲提供は2014年11月の「でんパーリーナイト」以来。

「でんでんぱっしょん」を彷彿とさせる独特の疾走感ある曲調と、「でんパーリーナイト」を彷彿とさせるドラマ性、「サクラあっぱれーしょん」を彷彿とさせる明るくもセンチメンタルなメロディラインで構成された、ある意味ここ最近で最もでんぱ組.incらしい1曲に仕上がっています。

 

活動の幅やライブ性を考えると、最近リリースされた「あした地球がこなごなになっても」や「おつかれサマー!」的な、新しい方向性を開拓していくことはグループとして非常に重要であり、その点は支持するところでございます。

 

しかし今回の「STAR☆ット〜」のリリースは、疾走感のあるメロディ+早口リリックという、でんぱ組.incの最主力路線(と私が思っている)での現時点のベストスコアを叩きだした至高の1曲ではないかと思っております。

3月頭に配信曲を聴いたとき、そして今回のPVを観たとき、このグループの伸びしろはまだまだあるなと確信しました。

 

前回も書きましたが、彼女らを年末のNHKホールで観れることを楽しみにしています。

 

 

ちなみに本作を含めた15曲が入ったNEWアルバムが4/27に発売されます!

GOGO DEMPA(初回限定盤)(DVD付)

GOGO DEMPA(初回限定盤)(DVD付)

 

 ↑もちろん僕は買いますよ!みんなで予約しましょう